/**/

マイナス金利で景気を刺激? マイナス金利政策とは?

雑記

2016年2月16日に導入された「マイナス金利政策」。
今更ではありますが、勉強も含めて書きます。

 

なんだかよく理解しないでいると、

「金利がマイナス!?預けるだけでお金が減るの!?」

と損をするように捉えてしまいます。私も初めて聞いたときは、そう勘違いした一人です。(-_-;)
投資信託などに興味を持ち、色々勉強するうちに勘違いも解けました。興味ない間はホントに理解してませんでした。興味を持つって大事ですね。

 

マイナス金利政策とは、日銀が導入した景気刺激策で、あくまで日本銀行と各金融機関での金利の話です。金融機関が持っている日銀の口座の一部に、マイナス0.1%の金利を適用するという政策です。

 

ホントにそのままマイナス金利です。お金を預けておくと、利子がもらえるどころか手数料を取られてしまうのです…日銀と民営銀行などの金融機関の話ですが。

 

これのどこが景気刺激策なのか?というと、

 

金融機関は預かった預金を運用することで儲けています。運用とは、融資、投資、手数料などです。
これら運用に回してないお金を日銀に預けていますが、銀行の銀行である日銀に預金することで私たちと同じように利息が付いていました。今までもゼロ金利政策といってほとんどゼロに近い状態でしたが、とりあえず利息は付きます。これが利息がなくなるどころかマイナスになりました。

 

金融機関としては、日銀に預金しておくとお金が減っていく状態となるので、できるだけ運用に回すようになります。
具体的な例では、企業や個人への融資ですが、銀行は今までより借りてもらいやすくするため金利を下げたりします。身近なところでは、様々なローンの金利が下がります。住宅ローンや自動車ローンなどが低金利で買いやすくなりますね。そうすると、住宅や自動車が売れるようになるので好景気につながりやすくなります。

利回りの良い外貨預金などに切り替える人が増えることも予想できます。すると円安になるので、外国からの旅行者が増えて観光業界の景気も良くなりそうです。

 

こう考えると、なるほど景気刺激策ですね。「風がふけば桶屋が儲かる」的な。なかなか良い政策のように思えます。

 

しかしデメリットもあります。
先ず、今まで以上に私たちの預金に対する金利は引き下がっていくこと。これは銀行が預金を集めて儲ける仕組みとして、日銀に預けたお金にかかる利息未満の利息で預金を集めないと利益が出ないのですから、マイナスになることはない(はず)にしても、限りなくゼロに近づくことは予想されます。手数料の引き上げも当然ありますよね。

 

私たちにとっては金利が下がることにより、お金を預けるメリットは減ります。お金を借りた場合は、利子負担は減りローンは組みやすくなります。大きな買い物はチャンスです。貯めとくより使いなさいよ。という事ですね。

 

結局は、日銀と金融機関で起きる政策の影響は、マイナス程のインパクトはないにしても、私たちにも同様に影響があるという事です。金利は減り、手数料は上がります。銀行は融資を強化しますが、私たちも預けているだけでなく、資金を投資し運用していく必要があるように思えますね。

 

メリットもデメリットもあるマイナス金利政策ですが、既に導入されて約1年半が経ちました。導入後どうなったかは、別記事でまとめてみたいと思ってます。

 

まずは、マイナス金利政策について書いてみました。

雑記

Posted by timeishoge


PAGE TOP