/**/

iFree 8資産バランス から eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)に切り替えます。

投資信託, 運用中

タイトルの通りですが、iFree 8資産バランス から eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)に切り替えようと思います。

 

元々、投資信託を始めようとした頃は、eMAXISバランス(8資産均等型)を組入れるつもりでした。しかし、より低コストなiFree 8資産バランスを知り、悩んだ結果、iFree 8資産バランスを組入れました。
信託報酬が0.2484%と安いことが決め手でしたが...

 

一方で、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)が出ることも分かっていました。
ただ、SBI証券での取り扱いが5/9からだったので、自分で決めた投信スタート日に間に合わないためポートフォリオから外したのです。

 

自分のポートフォリオからは外したeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)...

その後も気にはなるので、自分なりに内容は確認していました。

 

既に各所で比較記事が出ていますが、
eMAXISバランス(8資産均等型)に比べ、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は、信託報酬が半分以下、信託財産留保額が0%とコストダウンした以外は同等の内容になっています。

更に、eMAXIS Slimは業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざすという事で、eMAXISバランス(8資産均等型)の存在意義が???となるような内容です。
とことんコストにこだわったインデックスファンドシリーズというのは伊達じゃありませんね。

 

とは言いつつも、iFree 8資産バランスと比べると、その差は信託報酬が0.01%程度低いだけと差は僅かです。切り替えるにも手数料がかかりますから、わざわざ切り替えるほどでもないと思うのですが、私としては、手数料よりも気になる点がありました。

 

それは、新興国株式のベンチマークの違いです。

 

iFree 8資産バランスは、FTSE RAFIエマージングインデックスと連動した運用です。新興国13ヵ国、364銘柄の新興国株式で構成しています。
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は、一般的なMSCIエマージング・マーケット・インデックスと連動します。新興国23ヵ国、837銘柄の新興国株式で構成しています。

 

投資先の構成数にかなり差がありますよね。

 

このことからも、FTSE RAFIエマージングインデックスは投資先を絞っていて分散の度合いが、MSCIエマージング・マーケット・インデックスよりも低いといえます。
分散が低いということはそれだけ好不調の波に影響を受けやすくなります。

バランス型ファンドはそれだけで分散投資できることが特徴ですので、投資先がより多い方が望ましい(安定しやすい)と思っています。

 

ということで、より低コストで自分の考えにあったファンドが登場したことが今回切り替える大きな理由です。ずっと気になっていたファンドなので、モヤモヤしていたのもあります。こっちの方が大きかったり。。。(-_-;)

 

 

自動積立の構成もeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)で設定しました。次回からはこの構成です。

今は含み益もほとんどないので、今のうち…と言うことで、始めたばかりですがファンドの切り替えをやってみました。

投資信託, 運用中

Posted by timeishoge


PAGE TOP